Skip to main content

The Energy Charter Conference

The Energy Charter Conference, an inter-governmental organisation, is the governing and decision-making body for the Energy Charter process, and was established by the 1994 Energy Charter Treaty.

All states or Regional Economic International Organisations who have signed or acceded to the Treaty are members of the Conference, which meets on a regular basis to discuss issues affecting energy cooperation among the Treaty's signatories, to review the implementation of the provisions of the Energy Charter Treaty and the Protocol on Energy Efficiency and Related Environmental Aspects, and to consider possible new instruments and joint activities within the Energy Charter framework.

Fumio Kishida
Minister for Foreign Affairs of Japan

Since 1 January 2016, the Chairman of the Energy Charter Conference is Mr. Fumio Kishida, the Minister for Foreign Affairs of Japan. In 2017, Turkmenistan will chair the Energy Charter Conference, followed, in 2018 by Romania.

There are also three Vice-Chairmen of the Energy Charter Conference:

  • Mr. Keiichi Katakami, Deputy Minister for Foreign Affairs of Japan
  • Ms. Mariam Valishvili, Deputy Minister of Energy of Georgia
  • Mr. Myratgeldy Meredov, Deputy Minister of Oil and Gas of Turkmenistan

2016 / 日本が2016年度エネルギー憲章会議の議長国に任命されました

2015年12月3日、トビリシ(ジョージア)で行われたエネルギー憲章会議において、日本を2016年度会議の議長国に任命することが確認されました。 さらに会議では、議長国日本を代表して、岸田文雄外務大臣が議長に、片上慶一欧州連合代表部大使が副議長に任命されました。 

日本からは,片上慶一EU代表部大使が出席し,岸田外務大臣のメッセージ (英語/日本語)を読み上げました。 

政府間の唯一の機関であるエネルギー憲章会議は、エネルギー憲章条約(1994年)によって設立されました。会議は55のメンバー(欧州連合を含む)と、37のオブザーバー国、11のオブザーバー国際機関(WTO、世界銀行、OECDを含む)によって構成されています。 

2014年、会議でアスタナ宣言が承認され、投資保護、通過および貿易を扱うエネルギー分野において、多国間の法的拘束力を有する唯一の手段として、エネ ルギー憲章条約が重要であることが確認されました。また、その宣言では、紛争解決に対する強固な制度を含む、同条約に特有の国際的に適用可能な法的枠組み が、エネルギー分野の運用に関係する特定のリスクを減らすのに非常に有意な手段であることが確認されました。 

会議ではまた、国際的に適用可能なエネルギー憲章条約の法的枠組みは、エネルギー安全保障に対して有益な独自のルールを提供しているため、グローバルなエネルギーの構成において重要な役割を担っていると言明されました。

Past Chairmanships